• HOME
  • BLOG
  • 大工さんが育ち、その大工さんがまた若い大工さんを育てる循環

BLOG

2024年07月10日NEW

大工さんが育ち、その大工さんがまた若い大工さんを育てる循環

大阪の山本博工務店さんを訪問しました。

山本博工務店 | 大阪|自然素材・木の家・注文住宅 (himawari-home.com)

大工さんが元気に働いている工務店さんです。

 

訪問したいなぁと思ったのは、山本博工務店さんは長年たくさんの大工さんを育てている工務店さんですので様々な経験談や、職人さんの近況や今後についてお話を伺いたかったからです。

 

「自作堂大工塾」について興味がありました。

「自作堂大工塾」とは大工さん育成塾です。長年続けていて多くの大工さんが学んでいます。

下が本年度の生徒さん募集案内です。

この大工塾の生徒さんは全くの初心者というより、2年位の実務経験を積んでいる大工さんで

本格的にさらにスキルUPしたい方を募集しているようです。

自作堂大工塾 | 株式会社 山本博工務店 (himawari-home.com)

 

この塾とは別に技術専門学校の大工(建築)部門の授業も担当しています。

その学校が出来たとき、実務教師となる方がいなく是非先生となって指導下さいと依頼されたそうです。

ただ、山本さんは仕事もあり難しいので、山本博工務店さんをリタイヤした経験豊富で腕のいい大工さんに

お願いしたそうです。

最初は断られたそうですが、何とか承諾されいざやってみると、やりがいとなったようです。

やがて、生徒さんが増え1人では教えられないと困っていると、数人の大工さんが志願してくれて今では5人ぐらいで教えているようです。

当初は少なかった生徒さんが、今では40名程になったようです。

ここで学んだ若い方たちが山本博工務店さんにも入社され、立派な大工さんに成長していくようです。

 

すばらしいのは、その大工さんたちがまた学校の実務教師となって、若い方たちに大工の技術を教えているとのことです。

こうして、大工さんが育つ循環が出来上がっています。

 

また、他にもユニークな活動もされています。

「年間自作堂」という活動です。  年間自作堂 | 株式会社 山本博工務店 (himawari-home.com)

現役の大工さんを講師に、実際にグループで物置程度の小屋を造っていただきます。
木造の軸組構造と図面を理解していきながら、木の特徴や、道具の選び方・手入れの仕方など基礎的なことをはじめ、手や仕口についてなど、少し専門的なことまで学べるスクールです。
DIYに興味がある方はもちろん、学生さんや女性の方、設計に携わっている方、大工の仕事に興味がある!という方のご参加もお待ちしております。

※HPから抜粋です。

自分の家にほしい物置小屋なども自作堂の会場として提供すれば、安価に出来上がってしまいます。

 

2階の窓から道路を隔てて中学校が見えます。

中学校からも向かいの山本博工務店さんが見えます。そこで、必然的に交流が生れます。

年に数回、子供たちのものづくりへの夢を広げる体験教室を依頼され、出かけていくそうです。

目の前での交流、うらやましいです。

そんなお話の最後に、職人さんを応援する絵本「絵ことば」の活動について説明させていただきました。

課題の共有には時間はいりません。

大工さん編は最後に製作予定であることを話しながら、6冊お渡ししました。

ぜひ、学校の子供さんたちに紹介していただきたいですね。

 

このブログを書くために山本博工務店さんのHPを開いたら

早速、インスタグラムで絵本活動のこと紹介して下さっていました。

とてもうれしいです。

 

大阪は日本で一番50年以上経つ古い家が多いと聞いたことがあります。

「最近はリフォームの工事依頼が多い」とおしゃってました。

そこには、大工さんをはじめとした優れた職人さん達が必要です。

このような頼もしい大工さんを誇る工務店さんが近くにいることはとても幸せなことだと感じました。

杉村